質の高い静岡ブランド

住居

静岡県は東西に長く連なる県となっています。
全域が太平洋側気候となっていて、冬の太平洋湾岸部や平野部は黒潮の影響で温暖な気候となっている。
特に、伊豆地方は南九州と同じような冬の温度となっています。
ミカンの主産地となっているこの気候の恩恵を受けているからです。
夏も一部の地域では猛暑になりますが、東部や伊豆地方は比較的涼しいです。
県内では東海道新幹線が6駅で停車をします。
特に、静岡駅と浜松駅は政令指定都市となっている静岡市と浜松市の交通の要所としての位置づけとなっており、駅周辺を中心にして住宅の集積が進んでいます。
また、伊豆地方は冬暖かく、夏涼しいということで最近は高齢者の居住者の数が増加しています。

歴史的には戦国時代に今川義元がこの地域を治めていました。
その後織田信長や武田信玄がこの地域を一時的に確保したりしましたが、最後は徳川家康が岡崎から浜松に拠を移しました。
豊臣秀吉の時代には家康は駿府から江戸に移されましたが、江戸に幕府を開いた後に、将軍を秀忠に譲り、家康は駿府に拠点を置いていました。
幕末にはアメリカのペリーが開港を求め、函館と下田が開港され、ペリーにはアメリカ領事のハリスが駐在していました。
下田にある曹洞宗の玉泉寺はアメリカ領事官として使用されておりました。
最近では2013年に富士山が富士山ー信仰の対象と芸術の源泉の名で世界文化遺産に登録されたために観光客の増加が顕著に見られるようになっています。